顔のたるみの治療のウルセラ

マリオネットラインの改善に効果的な美容皮膚科のウルセラ治療

美容皮膚科でたるみの治療美容皮膚科では様々なたるみ治療が行われています。
その中でも画期的と言われているのが「ウルセラ」です。

レーザーやラジオ波、光など切らずにたるみを改善できる治療法はありますが、
これらは皮膚にしか作用しません。

口元に現れる

ウルセラの場合、超音波を肌に照射し皮膚の下にある、筋膜という
筋肉にまでリフトアップする事ができます。

土台となる筋肉が引き上げられる為、たるみも大幅に改善できるのです。
口元にできるマリオネットラインも、施術を受ける事によって目立たなくなります。シワを消したい

まるで腹話術の人形!?たるみが引き起こすマリオネットライン


ウルセラは、アメリカで開発されたアンチエイジングのための新型ハイフ(HIFU)であり、
メスや糸を使ってプチ整形をする必要がないため、次世代のフェイスリフトアップとして注目を集めています。

高密度焦点式超音波を使い、超音波を一定の皮下組織に集中させて
ショットを打つことによって、リフトアップ効果を高めることができ、超音波を照射したところからは
独自発生的にコラーゲンなどが生成されるので、根本的なアンチエイジングの効果を
期待することができるのです。

施術に関しては、ショットの範囲が広いことから、30分程度の施術となります。
皮下組織のある広頸筋に熱を集中させることから、皮膚の表面がやけどをしたりするような
リスクもなく、腹話術のようなマリオネットラインを消す効果を得ることができると
高く評価をされているマシンなのです。

このように、従来のアンチエイジングはプチ整形などが主流でしたが、ウルセラの登場によって
超音波を使って皮膚の深層部にまで働きかけることができるようになりました。

口元にできてしまったマリオネットラインにも非常に効果が高く、コラーゲンの生成によって
昼の内部から若返りを図る事ができるようになり、とても評価が高いのです。

足りない成分を生成してくれるウルセラ


コラーゲンの生成量をアップする効果は、ウルセラの特徴です。
コラーゲンは20代をピークに、その生成量は減少し50代にも入ると
約半分にまで減ってしまいます。

コラーゲンが不足した肌はハリと弾力を失い、シワやたるみが
できやすくなるのです。
ウルセラはコラーゲンを徐々に増やす作用がある為、
長い期間アンチエイジング効果を得られます

個人差はありますが1回の施術で、約半年から1年程度、
若返り効果は続くと言われています。